[転職マニュアル] 履歴書の書き方

  • HOME
  • 転職マニュアル 履歴書の書き方

履歴書の書き方

アピール度が高い履歴書を書いて、希望医院の採用を掴み取ろう!

履歴書はどれを選べばいいの?

指定のものがある場合は必ずそれを使おう!指定のものがなければ、市販のものでもOK。自由記入欄が大きいもの、資格・免許欄が充実したものなど、自分をアピール出来る履歴書を選ぼう。
もしそれでもない場合は この履歴書を右クリックして「対象をファイルに保存」して使用しよう。

履歴書を書くときに気をつけることは?

履歴書は中身が大切だけど、実際には'パッと見た印象の良し悪し'も選考を左右するポイントになるものです。特に、応募が多い場合などは、履歴書の「第一印象」が重要。

字は丁寧に書くこと。

字はキレイにこしたことはないけれど、丁寧に一生懸命に書いてあることが大切です。一生懸命書くことで、その医院で働きたいという熱意、仕事への取り組み姿勢をアピールできる。

記入漏れに注意!

日付や振り仮名など、記入にモレがあるとだらしない印象になります。提出前に、モレがないかチェックしましょう。

修正液は使わないように。

「ちょっと間違っただけだから」と修正液や修正テープを使うのもNG。バレバレで、意欲を疑われてしまうことに。

履歴書の書き方

履歴書の写真はどうすればいい?

スピード写真もNGではないけれど、写真館等できちんと撮影したものがBESTです。服装はスーツやジャケットを着用。清潔感も評価ポイントになります。髪の乱れにも注意しましょう。 写真の裏に自分の名前を記入し、はがれないように糊付けしましょう。サイズはきちんと合わせて!雇用者は結構見てますよ。 

携帯に連絡希望。どう書けばいい?

選考結果を携帯でほしい場合は、履歴書に自宅電話と携帯電話の両方を書き、以下のように記入しよう。

「自宅電話がつながらない場合は、恐れ入りますが、携帯電話のほうまでお願い致します」
時間帯を明記するもの良い。
「平日の9時から18時までの連絡は携帯電話までお願い致します」

ただし、何度かけてもつながらない場合は、その時点で選考からはずれることになる。なるべく連絡がつくようにしておこう。

志望動機・自己PR・・・何を書けばいいの??

重要なのは具体的であることです。 「貴医院の成長が云々・・・」よりも、自分が採用されたら「こんな仕事がしたい」とあるほうが興味を持ちます。

志望動機や自己PRに盛り込みたい要素

やる気、意欲
ただ「頑張ります」だけでなく、どのように取り組みをするのか、その為に努力していること(努力している姿勢)などを書き添える。
医院への共感
他の医院ではなく、なぜその医院なのかを具体的に書いてみよう。求人広告やHPで情報を収集することが大切。
業界、職種への関心
どんな点にやりがいや魅力をかんじたのかを具体的に書くこと。
経験、スキル
今までに身につけた経験、スキルをもとに、医院にどのように貢献できるかをまとめる。
採用後の抱負、目標
意欲や目的を示すために書きたい要素。スキルアップや目標達成が医院にどう貢献できるかを書き添える。

志望動機  参考例

家から近い
自宅からの通勤の利便性が高いので志望致しました。 自宅から近いぶん仕事に集中し、時間を気にせず一生懸命仕事に取り組めると考えております。
経験が少ない、知識や技術に自信がない
前職では仕事に前向きに取り組みましたが、同じ仕事の繰り返しが多く、十分なスキルが身につけられませんでした。初歩から教えてくださるという貴医院において経験をつみ、頑張りたいと思います。
スキルアップしたい
前職は、短時間で行う治療スタイルだった為、じっくり患者様と向き合って、歯周治療を行うことが出来ませんでした。「歯周治療に力を入れている」という貴医院で経験を積み、スキルを身につけたいと思い志望致しました。
出産や育児でブランクがある
出産を機に、前職を退職致しました。保育所も決まり子供を預ける環境も整ったので、一生懸命仕事に取り組むことが出来るようになりました。今までの経験を活かしながらも、足りない知識を補うべく、頑張りたいと思います。
  • 人材をお探しの医院様へ Dentyでは、求人の掲載をはじめスカウトシステムや人材紹介サポートなど求人のお手伝いいたします。
  • Dentyの人材紹介サービスで、ご希望に合った人材をご紹介いたします。

Dentyモバイル

歯科医師、歯科衛生士、助手・受付の
求人情報が携帯・スマートフォンでも
検索できるようになりました。